Microsoft月例パッチで一部セキュリティ製品に不具合
2008年07月12日 (土) | 編集 |
Microsoftが7月8日の月例セキュリティ更新プログラムで
配布したWindows DNSのパッチ(MS08-037)を適用後
ZoneAlarmのセキュリティ製品に不具合が起きているようです。


影響が出ているのはCheck Point Software
傘下の、ZoneAlarmとCheck Point Endpoint Security
(旧Check Point Integrity)の製品。


MS08-037を適用後、ネットワークに
接続できなくなるという問題。


MicrosoftはMS08-037の情報を更新し
現在対処に当たっています。


ZoneAlarmのWebサイトに掲載された情報によれば
影響を受けるのは・・・・



ZoneAlarm Free
ZoneAlarm Pro
ZoneAlarm AntiVirus
ZoneAlarm Anti-Spyware
ZoneAlarm Security Suite


の各製品。



設定変更などで対処する方法を紹介しています。


不具合を解消する最新バージョンは
英語版のみの公開です。




XP SP3については

http://ascii.jp/elem/000/000/128/128879/index-3.html




不具合があったり心配で今まで入れて
いなかったのですが、今回はSP3入れました。






レーシックを徹底比較

セキュリティ対策

ホームページ作成

株の情報なら証券.in

FXポータルのわかる!FX



関連記事
スポンサーサイト
テーマ:セキュリティ
ジャンル:コンピュータ
コメント
この記事へのコメント
MALICE さんへ
SP2が出た時も不具合があり、今回の3も少し前から
出ていたのですが、不具合があり入れていませんでした。
入れて動かなくなったら大困りです(^▽^;)IE7もまだ入れてません~。
2008/07/13(Sun) 08:12 | URL  | くま8 #-[ 編集]
僕はすべてお任せなので・・・不具合があったら困ります(^^ゞ

基本的にマイクロソフトは嫌いなのでブラウザとかも他社を使ってますが。。
2008/07/12(Sat) 18:09 | URL  | MALICE #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック