通勤時間で読んだ本。パート4
2015年04月19日 (日) | 編集 |

大好きな作家の向田邦子。
20代の頃に読んだのを再読です。
ドラマ化されていたのを知りませんでした。
見たかったなぁ~。
きんぎょの夢、母の贈り物、毛糸の指輪
どれも若い頃に読んだ時よりも
生々しく感じれらました・・・。



こんなにハッキリ、キッパリとは言い切ることが
できません・・・。やはり軟弱な日本人の私。
理想と現実。現実をもっともっと
知らなくてはいけない・・・。



子達の学校での読書の時間にと購入。
イラク、アフガニスタン、北朝鮮
核兵器、チェルノブイリ・・・
テレビや新聞だけでは分からない事、
過去の歴史からの流れから教えてくれます。



悩んでいる若い子が(若い子だけじゃないけれど)が
多いなぁと感じていた時、良書と目にしたので購入。
とっかかりから段々と難しくななりますが
心理学が苦手な人にでも読みやすく
また、ちょっと心が上向きになれる
きっかけになれそうな本だと思います。
良書でした。



裁判の傍聴に興味をあれど・・・
傍聴したことはありません。
もし裁判員になったら・・・
私は死刑と言えるのだろうか・・・
テレビを見ている時とは全く
心持が違う事は間違いないです。。。



何故か急に童話を読んでみたくなりました。
子供の頃に読んでいた時に、自分はどう思ったのか
感じたのか・・・思い出せません。
感想文が有ったのなら読んでみたかった~笑
ふんふん、お話なのね~ってあまり考えず
ちょっと残酷にも思える内容を読んでいたのだろうか。
人間って、優しくて残酷で・・・



これからも乱読~♪
明日からは、この本を読みます♪






blogram投票ボタン

8kuma88をフォローしましょう



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いつもありがとう~♪
そう、20代に、同じだね。
これ、お勧めです!!
切ないわぁ。
2015/04/19(Sun) 17:04 | URL  | くま8 #SFo5/nok[ 編集]
向田邦子さん、
私も20代の頃読んでいたよ~
これは知らなかった^^;
2015/04/19(Sun) 16:38 | URL  | きっちゃん♪ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック